終活で役立つ遺言書の知識

終活で役立つ遺言書の知識

最近終活という言葉をよく聞くようになりましたが、中には終活の1つとして遺言書の作成をお考えの方もいらっしゃるでしょう。しかし、遺言書の作成にはきちんとした知識が必要になります。

遺言書の種類

遺言書と一言でいっても、遺言書には「自筆証明遺言書」「秘密証明遺言書」「公正証明遺言書」の3種類あります。それぞれに決まったルールがあり、メリット・デメリットもあるため、知っておくと便利でしょう。

• 自筆証明遺言書

自筆証明遺言書は作成する際に承認の必要がないため、一番簡単で費用もかからない方法です。しかし、承認がないということで偽造・改ざんなどが簡単にできるとして、信用性に欠けると指摘される場合があります。自筆証明遺言書を作成する際には、作成年月日を明確に記すことが大切です。また、本人の署名・押印がないと無効になるため注意しましょう。

• 秘密証明遺言書

秘密証明遺言書はその名の通り、亡くなるまで遺言の内容を他の人に知られることがない遺言書です。ワープロでも代筆でも大丈夫ですが、署名・押印は必ず必要になります。作成する際には、各地域の公証役場で証人の2人に同席してもらわなければいけません。また、秘密証明遺言書は作成者自身で保管することになるため、相続開始後に発見されない可能性があります。そのため、遺言書は信頼できる第三者に保管を依頼することをおすすめします。

• 公正証明遺言書

公正証明遺言書は、法的に1番効力が強い遺言書です。公証役場に保管されるため、紛失・偽造の心配もありません。しかし、作成の際には遺言者の相続人・受遺者以外の公証人を2人以上つける必要があります。また、作成には手数料が発生し、資産額に応じて手数料の金額が変わってくるため、事前にどれくらいの費用がかかるのか把握しておきましょう。

遺言書で指定できないこと

遺言書で指定できないこと

遺言書は何でも指定できると思われがちですが、中には法的な拘束力を持たないものもあります。例えば、結婚・離婚に関することです。結婚や離婚は当事者の合意に基づいて行うことなので、法的な効力はありません。

また、養子縁組に関することも同様に生前に行う必要があるものなので、こちらも無効となります。他にも、遺言書は四十九日などの法要が終わってから発見・開封されることが多いため、葬儀や香典の指示も法的な効力はありません。こういった遺言書では法的な効力を持たないことに関しては、生前にご家族と話し合っておくことが大切です。

札幌市で終活をお考えの方は、北祐をご利用ください。北祐では、ご家族が安心できる遺言書の作成をお手伝いいたします。士業のプロがサポートいたしますので、安心してお任せください。また、他にも遺品整理・生前整理やお墓に関すること、葬儀などの終活サポートも行っていますので、お一人で悩まずにまずはお気軽にご相談ください。

株式会社北祐/ 札幌市/遺品整理 概要

会社名 株式会社北祐
所在地 〒002-8029 北海道札幌市北区篠路9条3丁目6−12
電話番号 011-773-3220
FAX 011-788-8520
URL http://www.hoku-u.co.jp/
業務内容 【 墓石工事業務 】新築、改築(建て替え)・お墓リフォーム・各種石材工事・字彫り(戒名彫刻)
【 遺品整理業務 】遺品整理・生前整理・内装工事・ハウスクリーニング
【 終活サポート業務 】
説明 札幌市で遺品整理のご相談なら北祐へ。遺品整理の他、生前整理やお墓の新築・リフォーム・移転などの終活サポートを行っております。費用等のご相談はお気軽にお問い合わせください。

コラム

『残された家族にできること』『生前整理の進め方』『終活を始めるタイミングとは』『墓石の選び方』『お墓の承継について』
『遺品整理を行なう時期』『生前整理のメリット』『終活で役立つ遺言書の知識』『お墓の状態のチェックポイント』『墓地の種類』